安易な借り入れは身を滅ぼす


私は、遊ぶお金が欲しくてカードローンを契約したことがあります。

遊びたい欲求に対して自分の稼ぎが足りなく、たまたま街中で見かけた広告が後押しになりました。

その当時は後先のことなにも考えず、ただ「今お金が欲しい!」という気持ちだけで契約をしました。

お金を手に入れたその時は良かったのですが、所詮楽しい時間は一過性のものです。

後に残るのは、楽しかった時間と引き換えに借りた借金のみ。

ちゃんとよく考えるべきだったなと今になって反省しています。

最終的には、利子のおかげで借りた金額の倍近く払うことになります。

冷静になったとき、借金を返すために働いている自分の姿が惨めになりました。基本的に自分の力量以上の出費をしないのがいいと思います。

力量とは、貯金のこと。貯金があればわざわざ高い金利を払ってお金を借りなくてもいいはず。

個人的にローンを活用していいと思うのは次の2つだけ。住宅ローンと車のオートローン。

車も基本キャッシュで買ってますが、場合によってはオートローンも有りかな、と思います。

生活費の為にカードローンを使う人は、借りることより収入を増やすことと貯金することをまず考えた方がいいと思う。

収入増やすなんて、働けば働いた分だけ収入増えるんだから働けばいい。

それから外食しないで自炊すればあっという間にみるみる貯金増えるから、料理するとか働くとか、多くの人が普通にやってることを普通にすれば借金するようなことにはならないと思う。

貯金とダイエットができない人はダメだ。URL:http://xn--n9jucvadgf2tyiql5b6ec4348gxsfr96b.com/
サイトタイトル:専業主婦でも借りられる!夫に内緒でカードローンする方法|即日審査借入セミナーsr86

キャッシングに抵抗のない馬鹿な夫


若いときは月末になると金欠でキャッシングに手を出していましたが、金利などがバカバカしく、もうやっていません。

夫はキャッシングにあまり抵抗感がないので、飲み会のお金が足りないなどといった些細な理由で、キャッシングに手を出していました。自分の口座感覚なんですよね。飲み食いに使ったお金は、後で何も残らず、結局高額な金利で返済も追いついていません。

マンション購入時に、このローンが審査に引っかかったので、家計から返済し、チャラにしました。

なのに、数ヶ月後には30万近いキャッシングでの借金。全て飲み会。

いくら、付き合いとはいえ許せず離婚間近なところまで行きました。

金銭感覚は大事です。

キャッシングというと、なんとなく返済の際の金利がとても高く、危険というイメージがあります。返済が滞ったりしてしまうと、追い立てられてしまう…など。もしかするとこれは偏見かもしれませんが、詳しく調べたことはありません。あまり興味をもったことが、そもそもないです。
私は、信用金庫のカードローンをくんでいました。
車の購入のためです。信用金庫のため、信頼があり、分からないことやローンに関する不安なことも丁寧かつ親切に教えて頂けるので、安心してローンをくむことができました。
金利についての勉強にもなり、今後も何かローンが必要になったら、またお願いしようと思います。

今は、キャッシュカードを取り上げ、クレジットカードを家族カードで仕事柄持たせていますが、私が全て管理し悪さができないようにしてあおます。■専業主婦でも借りられる銀行カードローン!内緒で即日審査・借入はここ【専業主婦借入講座sk04】

専業主婦でも借りられる

カードローンに対しての思うこと(偏見)


カードローン自体の知識は、テレビCMでやっているのを見ている程度の知識しかありません。明るさをアピールしているようですが、お金に関係している以上、余計に胡散臭いな、と思ってしまいます。自分自身、それほど貧しい生活をしているわけではないので、よっぽどのことがない限り、カードローン(=借金)をしたくないと思います。また、ローンを利用することがあるとしても、カードローンの金利は高めだという偏見があります。■主婦でも借入可!夫にバレずに審査・即日融資の銀行カードローン|内緒で専業主婦借入セミナー

主婦 借入

専業主婦でも借りれる消費者金融はあるのか


専業主婦でも即日お金が必要になることがありますよね。冠婚葬祭やお付き合い、病気の一時的な入院なども考えられます。
無職ということにはなりますが、専業主婦でも借りれる消費者金融はあるのでしょうか。
まず消費者金融は、賃金業法による総量規制の対象となります。
これは年収の3分の1までしか借りることができないということが決められているのです。
消費者金融のほうが審査がゆるいイメージがありますが、実はこの法令によりかなり厳しくなっているのです。
一方銀行のカードローンなら、この賃金業法の総量規制の対象外ですので、年収の用件というのはありません。
専業主婦でも融資の申し込み自体は可能です。
ただし収入がない状態ですので、もちろん利用可能額は低くなります。
大きな金額を借りる場合には配偶者の収入の証明などが必要になるでしょう。
専業主婦でも借りれる消費者金融はほぼなく、実際には銀行のカードローンを頼ることにならざるを得ません。
銀行カードローンでは収入証明書の提出が必要なのは高額借入です。
借入先を探している方におすすめのサイトです。
専業主婦は少額しか借りられないため身分証のみで契約することができます。
消費者金融で借りられないのであれば銀行ローンを利用すればいいのです。
詳しくは(⇒専業主婦でも借りれるカードローンwomanで書かれています。
URL:http://www.portlandfoodie.com/
銀行カードローンと消費者金融の違いから、どの銀行カードローンを選ぶかまで、参考になるサイトです。